Apple は macOS を常に最新バージョンにアップデートして利用するのを推奨しているSierra にアップデートすると Karabiner が使えないという問題があった。キーバインドを自分用に変更できなければマトモに操作をするのが難しいため、アップデートを見送ってずっと OS X El Capitan のまま利用してきた。しかし最近になって代用品として開発されてきた Karabiner-Elements が超絶怒涛に進化している上に、最新の High Sierra にも対応して初の安定版となったことから、いよいよ Karabiner から Karabiner-Elements への移行をすることにした。

Karabiner-Elements は El Capitan 以上に対応しているため、順番としては OS のアップデートの前に、まずは Karabiner をアンインストールして Karabiner-Elements へ移行する。少し前のバージョンでは json ファイルを編集する必要があったのだが安定版になり GUI で手軽に設定できるようになっている。そこで自分用の設定をメモ。

まずはキーの変換。英数を ESC に、かなキーを Enter にする。いつもの設定である。

Add Rule してインターネットからルールをインポートすることができる。これにより有志が開発したルールを利用できるので、左右の Command キーを単体で押したときに英数・かなキーとして動作するようにする。

あとはマシンのハードウェアに応じて設定しておく。

Karabiner-Elements のおかげで Karabiner 時代よりもさらに簡単・高機能にキーバインドをカスタマイズできるようになり、安心して High Sierra を導入することができる。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です