JT の株主優待で届いたのをきっかけにプルームテックユーザーになった。

作業の合間にカフェインを取りまくったりモンスターエナジーを飲みまくったりするくらいなら、同じ嗜好品としてならこちらのほうがクリーンで安全だし経済的だ。

やたらと批判しているライターもいるが、時代の要請に応えようとする JT の企業努力は大したものだと思う。

悪名高い紙タバコの時代は終わり。これからはクリーンな新しいたばこの時代が来る。

高配当を安定的に叩き出すキャッシュ・フローを誇る産業というのは他にはなかなか無い。政府にとっても貴重な財源である。この業界は現在もさまざまな法規制と戦っているが、これからも安定的なキャッシュをもたらしてくれることだろう。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です