アクセルとブレーキを踏み間違えたという事故は相変わらず多い。最近は衝突被害軽減ブレーキ機能というのを搭載した自動車も増えているらしい。このような話を聞くたび不思議に思うのだが、「加速する」という装置と「減速する」という装置を両方とも足で踏むインターフェースにした上で横に並べるとかいう最悪のインターフェースをなぜ真っ先に変えようとしないのか。以前にも書いたけど、アクセルとブレーキを並べるべきではない。

加速するインターフェースは手で押し込むレバーの形にして、足で踏むのはあくまでブレーキのみにしたら良いんじゃないのか。エーアイがどうとかやたら高度な事故防止装置を考えたりする前に、まず操作系統を根本から変えてアクセルペダルを廃止、足で踏むのはブレーキペダルひとつに統一しろよ。とっさのときには踏めば良い。わかりやすいじゃないか。

自転車のインターフェースを思い出して欲しい。加速するのは足、ブレーキは手で操作する。このように手と足が分かれていれば、ブレーキのつもりで加速しましたなんて事故は起こらない。実際、自転車で減速するつもりで加速してしまったとかいう事故は今まで聞いたことがない。じゃあ自動車もそうしろよ。

お前らはウェブのインターフェースにはさんざん文句を言うくせに、このような鉄の乗り物のクソインターフェースには疑問を持たないからちっとも役にも立たない。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)