月 50 万円よりも 30 万円で楽しい仕事を選ぶみたいなやつ。スルーしようかと思ったけど言及しておく。

毎月50万円もらって毎日生き甲斐のない生活を送るか、30万円だけど仕事に行くのが楽しみで仕方がないという生活と、どっちがいいか。

たとえばお店だとして、毎月 50 万円もらえるけどクソ客すぎてこっちが毎日生き甲斐が無くなるような地雷案件をつかむより、毎月 30 万円気持ち良く払ってくれて仕事に行くのが楽しみで仕方がなくなるような優良客だったら後者のほうが良いに決まってる。後者の優良客をどんどん常連にして増やしたほうが結果的にトータルの売上だって上がるだろう。

ソフトウェアエンジニアの仕事だとして、月 50 万円ほどもらえる技術支援の案件だけど中途半端に首を突っ込むと大火傷してこちらの体力をどんどん奪われるようなクソジョブをつかむより、たったの 30 万円だけどサービス提供だけで自動的に金をもらえるとか、保守や管理と称してほとんど何もしないでも継続的に売上が入る美味しい案件ならそっちを選んだほうが良いに決まってる。後者を 10 案件掛け持ちしたら月 300 万円、年間で 3,600 万円の売上になる。

何が言いたいかと言うと、あの文章を見て何も疑いもせずに「お給料」の話だと思ってしまうお前らはどんだけ社畜脳なんだよって話だ。

お客様からもらえるお金すなわち売上の額より、仕事の性質も踏まえて総合的にジョブを選択しましょうって主旨じゃん。何も間違ってねえよ。

こういうのに吹き上がってる連中の発言を見ると、「月30万で低い方なの...?十分じゃね...?と思ってしまった昔はそんくらいだったんだねえ...あれは誰が作ってんの?大昔の人?」とか文句を言ってるけど、知らねえよバカが。

あなたを雇用してる会社からしたらお前のなけなしの売上から人件費などの間接費だの税金だの差っ引いてほとんど利益が残らないのもガマンして一生懸命律儀に毎月お給料を払ってんでしょうが。収入少なくて困ってんならもらってるお給料の文句言ってないで、どうしたら自分や自分が所属する組織が効率良く利益を出すことができるか知恵を出したら良いんじゃないでしょうか。

元の文を考えたジジイはそんなこと意図してないだろうけど。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)