姓を廃止する。

姓というのは血縁集団の名称である。不思議なことに世の中には個人のアイデンティティを血縁集団の名称を含めた姓名にて確立する者がいるようだ。それこそが、血縁集団の変更発生時、つまり婚姻などの際に揉め事となる根本原因である。

ならば姓を廃止すれば良い。きわめて簡単なことである。

移行措置として、今まで姓が山田で名が太郎だった者は、姓が無しで名が山田太郎になるようにする。同様に田中花子さんも姓が無しで名が田中花子さんである。二人が結婚したところで、姓は無しなので、山田太郎さんと田中花子さんである。別姓もクソもない。そもそも姓など無く名が別々なのだから。

名とは個人を識別する言葉のことである。個人のアイデンティティは名でもって確立していただきたいものである。上記の移行措置を採用することで、今までと同一のフルネームを継続して利用することとなるから、たとえば仕事上の不利益も無いであろう。良かったですね。

姓とは集団の名称であり個人のものではないと早く気付き、終わりの無い議論などしていないで、さっさと廃止すれば良いのである。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)