証券の価格すなわち株価というものは、市場で約定した価格、つまり需要と供給のバランスによって価格形成される。
理論株価というのは、このように需給からではなく、キャッシュ・フローから理論上の証券価格を求めようというものである。

次の式が良いと思う。

\sum_{i=1}^{\infty}\frac{FCFi}{(1+r)^i}

FCFi は i 年後のフリーキャッシュフロー、 r は資本コストである。

期待値からの外れ具合を保証する資本コストをフリーキャッシュフローの割引率とすることでうまく表現できる。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)