ボケてんのかマジで。あつは夏いでんがな。夏が寒いわけないやろ。

夏は暑いのでエアコンを効かして冷やさなければ熱中症になってしまう。大変危険である。環境省も熱中症対策の普及啓発をおこなっている。

それなのにワンピース一枚みたいな薄い格好でオフィスにやってきて、寒い寒いとか言ってエアコンの温度を上げる不届きな者が時折見かけられる。比較的、女性に多く見られる。一体何を考えているのか。

労働安全衛生法に、エアコンを設置している事務所について、事業者は次のように部屋の温度を設定するようにと記述がある。

事業者は、空気調和設備を設けている場合は、室の気温が十七度以上二十八度以下及び相対湿度が四十パーセント以上七十パーセント以下になるように努めなければならない。

労働安全衛生法 事務所衛生基準規則5条3項

つまり部屋の温度を計測して 28 度を超えていた場合、それ以下になるように努める必要があるのだ。

ちなみにエアコンの設定温度の話ではない。「室温」が 28 度以下になるように、ということである。「努める」というのはエアコンで冷やしてそれ以下の温度になるようにしてくださいという意味である。

オフィスが寒いなどといって、上記の規定を無視してエアコンを設定するのは、労働安全衛生法という法律に違反しているのである。

ちなみに労働問題に詳しい弁護士も労働者も労働災害防止のために事業者などの措置に協力するよう努める義務を負っていると述べている。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)