エスカレーターで歩く人のために片側を空ける、いわゆる片側空けという習慣を改めてもらおうと、全国の鉄道事業者などが協力し「歩かずに立ち止まる」ことを初めて明確に呼びかけるキャンペーンが始まっている

安全に、そして快適にエスカレーターをご利用いただくために、皆様のご協力をお願いいたしますとのことだが、そもそもこのように片側空けという習慣を招いてしまったエスカレーターの設計そのものに根本的原因があるというものである。

都内では、二人分の幅ではなく、一人分の幅しかないエスカレーターもしばしば見受けられる。このようなエスカレーターで、急いでいるからといって前の人の横をすり抜けて歩いていく人は居ない。ではなぜ二人分の幅にしてしまったのか。群衆がそのような状況に置かれるとどう行動するだろうかという研究が全く足りていないのだ。それをキャンペーンで是正しようというのであるから、大変な労力のムダである。

物理的に歩けない、追い越すことのできないエスカレーターを設計すれば良い。ただそれだけだ。具体的には、横幅を一人分にするとか、歩くとクソデカイ警報音が鳴り響いて周囲の注目の的になってしまうとか、そういう物理的な方法で解決しろ。

お前らはウェブのインターフェースにはさんざん文句を言うくせに、このような物理的な乗り物のインターフェースには疑問を持たないからちっとも役に立たない

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)