三國志Ⅴは兵器を開発することで陣形を強化することができる。この兵器開発は敵勢力もおこなうのだが、どうもランダムに開発しているらしく、本来同盟関係を締結し共同開発しなければならないような兵器をいきなり持っていたりする。以前、エディット機能により敵勢力を強化し難易度を上昇させるプレイについて書いたが、どうせならそれぞれの勢力に見合った兵器を最初から持たせておいたほうが面白い。そこで、各君主・勢力に見合う強化兵器を考えてみた。

曹操:強化騎兵(錐行)、軍楽台(鶴翼)、発石車(方円)、強化長弓(雁行)、鉄車(密集)
孫権:軽弓(八卦)、闘艦(楼船)、蒙衝(走舸)
劉備・劉璋・孟獲:木獣(生者)、連弩(鈎行)、戦車(鋒矢)、虎戦車(衡軛)、筒袖鎧(長蛇)
袁紹:衝車(魚鱗)、軽装鎧(偃月)、鉄車(密集)
馬騰・徹里吉:強化騎兵(錐行)、軽装鎧(偃月)、筒袖鎧(長蛇)
劉表:木牛(箕形)
公孫瓚:強化騎兵(錐行)、戦車(鋒矢)
董卓・何進:強化騎兵(錐行)、軽装鎧(偃月)、強化長弓(雁行)、鉄車(密集)
張角:軍楽台(鶴翼)
その他:君主が持っている陣形に対応した兵器

上に挙げたのは一例である。各勢力ごとに得意な陣形が偏っているため、その陣形を強化しておいたほうがよりそれらしいプレイができて楽しいという話である。

投稿日: 作成者: 774


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)