Automatic Ruby v13.6.0 を 6/28 にリリースした。 Fluentd との連携 前回からの変更点の目玉としては Publish::Fluentd プラグインが標準添付となった。これにより Auto …

続きを読む

投稿日: 作成者: 774


automaticruby + fluentd でウェブのあらゆる情報を構造化データとして収集する はコメントを受け付けていません。

みなさんはソースコードからビルドしてインストールするとき、どこにインストールしているだろうか。 一番多そうなのは /usr/local の下にインストールするという意見である。確かに FHS (Filesystem Hi …

続きを読む

投稿日: 作成者: 774


自分でビルドしたソフトウェアのインストール場所 はコメントを受け付けていません。

先月末になるが deferred-sync v13.05 をリリースした。 これはプラグイン形式で拡張が可能ないわゆるバックアップスクリプトだ。システム管理者なら誰しもサーバーにシェルスクリプトを仕込んでバックアップする …

続きを読む

投稿日: 作成者: 774


deferred-sync v13.05 をリリースした はコメントを受け付けていません。